夜勤専従看護師

夜勤専従看護師のライフスタイルについて

夜勤専従の仕事は、職場によって業務内容がかなり違ってきます。

 

夜勤専従というのは、夜勤のみの仕事です。
ほとんどの病院は2交代制ですから、夜勤入りが16時頃、そして夜勤明けは翌朝の9時頃といったシフトですね。
勤務時間帯だけを見ると、昼と夜が逆転した生活を強いられる感じですよね。

 

夜勤の場合、基本的に夜間に休憩や仮眠が取れるようになっています。
スタッフが充実している職場や、落ち着いている職場の場合は、休憩や仮眠をしっかり取る事ができるので、
翌朝の疲れ具合が全く違います。
充分に休憩や仮眠が取れる職場であれば、夜勤明けも疲れる事がありませんから、普通に過ごす事ができます。
そして、夜勤明けには丸一日、プライベートな時間を持つ事ができるのですから、
平日にしかできない用事を済ませる事もできますし、嬉しいですよね。

 

しかし、ギリギリのスタッフで回している職場や、過酷すぎる職場では、休憩や仮眠などはとても取る事ができません。
普段寝ている時間に働く夜勤は、ただでさえ楽ではないのに、休憩や仮眠が取れないバタバタした職場では、
夜勤明けにはグッタリしてしまいます。
疲れきって、一日中眠ってしまう状態ですよね。

 

夜勤専従は、プライベートを重視したい方に人気のある働き方でもあります。
それは、少ない日数で、効率良く稼ぐ事ができるからです。
ただ、それには職場選びがとても重要になってきます。
給料面だけで安易に職場を選んでしまうと、過酷すぎる職場で、とても続かないという場合も少なくないんです。

 

夜勤専従は、慣れてしまえばお得な働き方だと思いますね。
職場選びを慎重に行い、自分に合った業務内容であれば、常勤よりも生活リズムが整うと思いますよ。

本当に患者さんの事を思っているドクターって少ないですね・・・。ドクターの振る舞いにがっかりする事が多いです・・・。

ドクターって、人の命を救うのが仕事なわけですが…(´・Д・)」

 

実際、看護師として病院で働いていると、いろんなドクターがいるなぁって思いましたね。

 

患者さんの立場になり、患者さんの言葉に耳を傾け、常に患者さんにとって最善の選択を考えてくれるドクター(*^^*)

 

そんなドクターばかりだといいのですが…(・_・;

 

熱くなりすぎて、患者さんに自分の意見を一方的に押し付けるドクター(-。-;

 

医者は偉いんだと、何か勘違いしているような俺様ドクター(?_?#)

 

やたらと製薬会社の人と仲が良く、新薬が出ると、必ずといっていいほど来る患者来る患者にやたらと薬を出すドクター(;´Д`A

 

プライドばかり高く、患者さんの声に耳を傾けないドクター(~_~;

 

楽ばかり求めて、患者さんの急変や、夜間の呼び出しをあからさまに嫌がるドクター。

 

自分の機嫌が悪いと、患者さんに心ない言葉をあびせるドクター(-。-;

 

まぁ、随分自分勝手なドクターもいますよね( ;´Д`)

 

というか、そんなドクターが多すぎませんか?

 

そんなドクターの言動や振る舞いにがっかりします。

 

自分が患者だったら、うちの病院でどのドクターに診てもらおうか…と考えた時、思いつくドクターがいません(´・_・`)

 

むしろ、わかりすぎているだけに、他の病院に行こうかと思ってしまいますね( ̄Д ̄)ノ

 

薬だって、効果のあるものでも、飲み過ぎれば、体にとって毒となることもあります。

 

しかし、薬さえ出していれば満足する患者さんに、デメリットすら伝えず、患者さんの気が済むように処方するドクターもいます(-。-;

 

本当に患者さんの体を思えば、そういった事もきちんと説明した上で、必要な薬を必要なだけ処方すると思うんですけどね。

 

自分の主治医に、自分の命を預けるわけですから、そんないい加減なドクターには体を預けたくありませんね(T ^ T)